キッチンに溢れがちなアレを綺麗に収納する方法

キッチンの不用品整理をしていて良く見かけるのが、大量のタッパーです。
使い勝手がいいタッパーは少し気を抜くと知らぬ間に増えているという事もしばしばあります。
もちろんこれらのタッパーを全て使う機会がないというのなら、いくつかは不用品として処分してしまうのがいいのですが、全部使う予定が明確にあるのなら嵩張らないように収納しなければなりません。

タッパーを収納する時に一番に考えるべき事は、取り出しやすさです。
「使いたいけど取り出しにくいしいいや」となってしまっては、ただスペースを取るだけの不用品と変わりません。
そこでお勧めなタッパーの収納法は、ズバリ全て同じ種類のタッパーでまとめてしまうということです。
同じ種類のタッパーで揃えてしまえば、フタと容器は全て同じですのでフタと容器を分けて保管することができ、そうすることでスペースも有効に使え、タッパーを使う時も揃える手間が省けるから一石二鳥と言えます。

もう大量の別メーカーのタッパーがあるという場合は、引き出しに仕切りを付けて保管する事をおすすめします。
サイズ別にタッパーを仕切る事で、取り出す時にも使いたいサイズのタッパーをすぐに取り出す事が出来て便利です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る