3D空間術で、クローゼットの整理整頓

Wクローゼットで吊るす空間が無く、収納ケースに服を沢山しまいすぎて閉めずらい経験をした人も多いのではないでしょうか。

服の収納として、吊れるものは吊っておいた方が管理しやすく、ケースはすぐ使えて出し入れしやすい状態にしておけるのが良い収納といえます。

ケースや荷物を一旦外へ置き、備え付けのパイプに家族ごとに左右に分けて吊るすとスッキリ収納できます。

吊るしていくと下の方にスペースが空くので、突っ張り棒と100均のチェーンを使い、突っ張り棒は100均のカーテンリングに結束バンドで固定し、リングにチェーンを取り付けて、ブランコ状態にして服をかける場所を作ります。

服の取り出しがしやすくなり、子どもが自分で服を出し入れできますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る