整理整頓と掃除のコツとは

片付けが苦手な人は部屋に物が多すぎるので散らかり、整理整頓が苦手な人はなかなか物を捨てられないのでどんどん物が溜まっていきます。

整理整頓では、2度と手に入らない思い出の品物やレアな物以外は全部捨てて、また欲しくなった時に買うようにして、散らかっていることでリラックスできずストレスが溜まってしまいますし、思い切った断捨離は大切です。

整理術として、中身が見えないボックスをいくつか用意して、紙やその他など分類別に散らかる物などを全部入れておけば、整理整頓の心理的なプレッシャーもなく、後で気が向いたときに整理できます。

掃除の負担を減らすには、物を減らしたり、ボックスに物を入れておけば床掃除も楽になるので、普段から負担を減らして散らかりにくい部屋にしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る