粗大ゴミの処理の流れ

大きい粗大ゴミが回収された後どのように処理されるのか、その流れについて紹介いたします。

収集した物から再利用できそうな家具は、簡易修繕や清掃を行った後にリサイクルセンターにて展示や販売されて、新たな持ち主により再利用されます。

電気製品や自転車など金属が含まれている物は、解体したのちに導線やモーター、基盤や鉄などに分別されて、専門の事業者に引き渡してリサイクルされて、新たな商品へと生まれ変わります。

粗大ゴミで最も多い製品は布団であり、これもまた資源事業者に引き渡してリサイクルしています。

それ以外の粗大ゴミは破砕処理施設に運ばれて、磁力により鉄が回収された後に、それ以外は焼却して砂のようなスラグにした後、埋め立て処分されるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る